とにかく寂しいから抱かれたい

気付いてみれば周りはどんどん結婚していき、そして子供を産んでいます。現在の生活に満足しているように見えたりまたそうではなかったりそれぞれありますが、明らかにわたしは取り残されたように思えます。30代前半でもう子供は2人くらいいるはずだった人生設計はとっくに破綻してしまいました。気付けばセフレが4人の環境です。とにかく寂しいから自分から誘ってしまうんです。そして驚くほど男は付いてきます。

化粧品会社に勤めているけど、ストレスも多いです。先輩と後輩の板挟みになることも多くなって上司に相談してそこからセフレの関係にもなっています。経験を積んだエッチに癒されて満足はしています。

また後輩からは言い寄られて一度寝てしまってそれからセフレの関係になっています。彼の方から付き合おうと言われるような気がするけど、やっぱり今日もその一言がなくエッチして満足して終わりの関係です。

合コンで知り合った男はちょうどわたしと同じ年齢で、いつの間にかセフレの関係になっていました。この人とは付き合うような関係ではなく、エッチの関係だというのがわかります。いかにも道具として見られているようで、でもそれを嫌だと言えない自分がいるから不思議です。彼に求められて癒されています。

最後の男は、会社の取引先の男性で周囲の人を集めて飲み会をした帰りに、わたしのほうから誘ってしまいました。誘うという表現が正しくないほど、襲ったというかたちが正しいかもしれません。自分にこんな一面があるなんて不思議です。彼ともセフレの関係だけど彼は断らないから互いに体の相性もあっているのだと思っています。

エッチをすることで寂しさを紛らすことはできています。セフレの関係で満足している自分が居ます。